2017年2月5日日曜日

ソフトウェア開発戦略とは何か?

 ソフトウェアの開発をどのように進めるのか、ということについて、世の中にはたくさんの方法論が存在しているが、唯一絶対の方法は存在し得ない。なぜならば、ソフトウェア開発のゴールには、「的確な品質レベルで動作する」というどのソフトウェアにも共通のゴールに加えて、そのソフトウェア固有のゴールが意図されるからだ。
 また、どのような状況でソフトウェアが開発されるのかということも、開発方法の選択に大きな影響を及ぼす。プロジェクトやプロダクトの特性によって、「的確な品質レベルで動作する」こと以外にも、様々なゴールがソフトウェア開発には設定されるので、唯一の方法では、その多様なニーズを満たすことができないのだ。
 そこで、ソフトウェア開発の主体たる人物は、自己の知識と経験から状況を見極め、意図するゴールに合わせて方法を選択し、組み合わせ、改良し、これらを運用することでソフトウェア開発を進めるのだが、この、意図と意図に基づく選択、運用が、ソフトウェア開発戦略と私が定義する部分である。

ソフトウェア開発戦略って?
ソフトウェア開発戦略って?



0 件のコメント:

コメントを投稿